entry-title

(この記事中の写真は昨年撮影したものです)

今年も『石あかりロード』の季節が近づいてきました!

今年の石あかりロードは8月4日から9月17日。
昨年よりも少し遅めのスタートですね。

石あかりロードって?

石あかりロード(2011年撮影)

「その地域の歴史、その地域の産業、そして、その地域に住むひと が一体となったイベント。
それが“むれ源平石あかりロード”です。」

ノスタルジックな町並みと夏祭りの雰囲気、そして路傍の石あかり。
地元の中学生から大人までが一緒になって作り上げる、懐かしくも新鮮な楽しさがあるイベントです。
映画「紲~庵治石の味~」のワンシーンにも出てきます。

是非映画のあの世界を実際に体験してみて下さい♪

「石あかりにゆれる きみの笑顔があればいい。」

石あかりロード(2011年撮影)

今年の作品数はオフィシャルサイトによると昨年とほぼ同じ173。
のんびりと歩きながらだと2時間くらいはあっという間に過ぎちゃいます。美術館で一般的な作品展を見るよりも長く楽しめますね(しかも無料ですしね!)。
さらに期間中の土曜日にはコンサートなどのイベントをやっていますので、スケジュールもチェックしてみてください。

「最低2回は行ってみよう」のススメ

石あかりロード(2011年撮影)

「長くやってるからいつでも行ける」と思っていると結局楽しめないまま終わってしまうかもしれませんよ。
夏休みの宿題と同じで、そう思っているといつの間にか「あ、あと1週間しかない!そしてその週の土日は既に約束が・・・」となってしまいます。
(約1ヶ月半ですが、その間の土日は7回しかありませんからね)

だからまず、一度早めに観に行ってください。

そして何となく心がほっこりしたら、しばらくしてもう一度訪れてみてください。
期間中も作品はどんどん追加されていきます。
さらに、最初に夕暮れ頃に訪れた場合は、日が完全に暮れてから、既に日が暮れてからの石あかりを見ている場合は、今度は夕暮れ時に観に行ってみてください。
きっと前回とは違った楽しみ方ができると思います。

目的の作品を決めてから行くのも良し、現地での出会いを重視するも良し

石あかりロード(2011年撮影)

オフィシャルサイトでは今年の作品リストがすでに写真付きで閲覧できます。
初めての方は「どんなものが見られるのかな?」とのぞいてみてみるのも良いかもしれません。

もちろん、そういった準備などなくても全く問題はありません。ただ行ってのんびりと昔ながらの町並みを歩きながら、時折気になった石あかりを楽しむ・・・
それで良いと思いますし、もしかしたらそれがあなたにとって一番の楽しみ方かもしれません。

「どこでやってますか?」場所など

「ことでん八栗駅」から北に約1kmの旧庵治街道沿いです。
降りる駅さえ間違えなければ、電車を降りてから迷う心配はないと思います。
駐車場もありますので、お車でも大丈夫です。駐車場の正確な場所はオフィシャルサイトでご確認を!

琴電八栗駅
むれ源平石あかりロード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
庵治・牟礼のあれやこれ, , この投稿のURL

コメントは受け付けていません。