舞台の話しその⑨〜「僕らは、きっと、大丈夫」

今日は稽古2日目。 チャラPことアリPが表参道の人気ドーナツ屋「COCOドーナツ」を手みやげに偵察してきましたよ

なんかもうぜーんぶ取り越し苦労って感じでみんないいムードで稽古に取り組んでいましたよ。 もちろんまだ始まったばかりだからやらなくちゃいけないこと、なおさなくちゃいけないこと、山ほどありますよ。 でもね、このチームなら、だめなやつにはちゃんと怒れるし、ちゃんと正してあげれる気がするんです。

 

最年少の野上が別の現場から遅れて駆けつけて「稽古に参加したかった。みんなに会いたかった」という言葉が9割おべっかだとしても、僕らはその1割にかけてみたいんです。だってまわりを見たら20割嘘ばっかの世の中なんですから。

 

ガチとかマジとか言葉選んでる暇あったら身体動かせと。そんな当たり前の事を教えたられた一日でした。

 

高松視察で石を見たり、山を見たり、うどんを食べたり、 誤解を恐れずに言わせてもらえれば、そんなこたぁどーでもいいんです。 役者はただ一つ、高松であなたたちの演技を楽しみにしていくれている人がいるっていうこと、忘れずに稽古に励んでほしいって。願うことはそれだけです。

明日も稽古は続きます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「紲(きずな)~庵治石の味~」のこと, 舞台「紲~庵治石の声~」この記事のURL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。