関係者・協力者様試写会

15日高松試写会(関係者協力者用)、無事に開催されました。

ご来場の皆様、本当にありがとうございました!

また、関係各位、ご協力ありがとうございました、そして、お疲れ様でした!

終了後、なぜか緊張の一日が続いたことと?コレまでの準備の疲れがドッと出てしまっていつもの充実した疲労感が夕方には来てしまったようです。(もちろん、ボクじゃなくエグゼクティブプロデューサー大久保さんのことですが。^^)

<舞台上は大久保さんとアソシエイトプロデューサー(意味知りませんが)の皆さん。>

当日はこれまで「紲」製作に関わっていただいた地元の皆さんに久しぶりにお会いできて懐かしく、うれしく、それよりまして、コレまでのお礼ができたことに幸せ感じるイベントになりました。まっ、一番良かったのはさぬき映画祭での短編「紲~庵治石の味~」でよくわからなかった?みたいな部分がようやくわかっていただけたところじゃないでしょうか・・・ネッ?(^.^)

 

今回ご覧いただけなかった皆様には残念ながら、現在、国際映画祭への出品中ということでズゥーっと観るチャンスが無いかもしれません。1)

そこで雰囲気だけでも写真をアップしようと思っていたんですが、なんと!画像がありません。

そのわけは、当日朝から余裕でタリーズのマッタリ、ラテ飲んで会場へ行ったら、突如、舞台袖のAV裏方さんに抜擢されてしまったんです。(adult videoの裏方じゃないです^^)全くのシロウトにそんなんいいの?と思いつつも、制作協力委員会メンバーはヤレ!と言われればヤル、悲しい体質になってしまってるので・・・ヒヤヒヤしながら一日中暗いところにいたわけなんです~。

(大久保さんのごあいさつ中にピッー音出してしまったのボクです。すみませんでした^^)

 

 

 

 

 

チラッとだけロビーへ行った時に見たんですが、会場のサンポートホール入口にはこれまたこの映画からスピンアウトしている石琴「庵治音」の展示もあり、この映画からいくつもの新しいきずなが生まれていることを感じさせられ盛り上げてました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、忘れてはいけん!

犬ゴローのお父さんからこれからの季節を感じさせるプレゼントもあったようですね。チョット素晴らしい出来栄えでしたよ?

 

 

 

 

今週末には東京でスタッフ、関係者用試写会があるようですが、どんな反応があるか興味津々です。

 

 

 

1)6月11,12日のアジストーンフェアでは佐藤貴広さん、小野まりえちゃんがこの映画のご紹介をしてくれるってボク聞いています。なので、そん時も観られるかもしれないですね。

なすびさんはスピンアウト演劇版の他にも8月に四国で何かやってくれそうだと情報が入ってます。わかり次第、告知いたしますね。

 

ストンマン(こっちは黄砂能がいっぱいや~!)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
400年眠っていた庵治石の音『庵治音』, 「紲(きずな)~庵治石の味~」のことこの記事のURL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。