【紲~庵治石の声~】観に来てくださった全ての人に「ありがとうございました」(2)

前回に引き続き高松公演千秋楽当日のレポートです。

涙と笑いのカーテンコール

観に来て下さった方は幸運です!

・・・舞台本番しかり、カーテンコールしかり、文章ではどうにも表現できませんね。「どうだった?」と聞かれたら「良かったよ」という他ありません。言葉で説明できるものではないですし、それがカンタンに出来るくらいなら舞台をやる意味がないですからね。いい作品ほどそう感じるものです。

観に来られた方は本当に幸運だと思います。

さて、高松公演千秋楽のカーテンコールではスペシャルゲストが!

再びレムジア参上!

レムジア登場!

はい、レムジアさん登場です!

一触即発!!!

一触即発の事態と相成るも、蒼磨(左の青い方)が一刀両断の元、荒硬月(右の白いヤツ)を無事倒し、観客の皆様からも拍手で見送られておりました。

なすび「本当に、ありがとうございました!」

最後になすびさんから観客の皆様にメッセージ。

最後の最後に、座長であり、演出・脚本まで手がけたなすびさん(浜津智明さん)からのメッセージ。万雷の拍手をもって、観客の皆さんは応えて下さいました。

紲Tシャツを着て

終幕後、キャストの皆さんは『紲Tシャツ』に着替えて、観客の皆様をお見送り。

ボカシてますが、皆さん笑顔です。

キャストと記念撮影

楽しく会話。

三枝さんもクール(?)な表情で記念撮影

 

アンケートにもたくさんの人が協力して頂きました。ありがとうございます。

それにしても、レムジア溶け込んでるなぁ。

そしてなすびさんは、観に来られた方との『紲』を確かめるように最後の最後までロビーに残っていらっしゃいました。

まだまだ続きます(?)

これにて高松公演千秋楽のレポートは終了です!
さて、次は何を書きましょうか?まだまだ書きたい事はありますが、どこまで書かせてもらえるんでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
舞台「紲~庵治石の声~」この記事のURL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。