スタッフブログ

IMA受賞トロフィー到着しました!

富士山・河口湖映画祭

写真は決して『とある映画祭の授賞式でこれから与えられるトロフィーたち』の写真ではありません。
全て、『紲~庵治石の味~』が受賞した賞のトロフィーたちなのです!

既報の通り、『紲~庵治石の味~』は、昨年開催されたIMA(International Moive Award)にて、最優秀作品賞を始めとして最多14冠に輝きました。
その受賞を讃えるトロフィーたちが遙かインドネシアより日本に届きました。

記念撮影しました

届いたのは東京のプロデューサーの元。そしてこれから各受賞者へと届けられます。
8つは東京。6つは高松へ。
そう、こうやって14ものトロフィーが一度に集うのは(もしかしたら)最初で最後のことかもしれません。

なので、映画をご覧下さった方、このサイトをご覧頂いている方には「是非この勇姿(?)を目にしておいて頂かなければ!」と思い、プロデューサーに写真を撮ってもらいました。

光りかがやいています!

光りかがやいています!

台座には賞と受賞者の名前の刻印が。

台座には賞と受賞者の名前の刻印が。

東京・高松と多くの人の助けを得て一つの映画ができ、大阪や河口湖でも上映され、さらに海を越えて評価されて帰ってきました。
そしてこのトロフィーたちがその証として、あちこちで飾られる・・・。
これも『紲』の一つの形なのかもしれませんね!

高松に届いたら、写真を撮っておきたいと思っています!

「紲(きずな)~庵治石の味~」のこと

【富士河口湖映画祭情報】開催日決定!(5月10、11日)

富士山・河口湖映画祭

大雪の影響で開催延期となっていた
富士山・河口湖映画祭
ですが、ついに開催日が決定いたしました。

※第7回富士山・河口湖映画祭は、2014年2月22日・23日に開催される予定でしたが、記録的な豪雪の影響により開催延期となりました。
※新たな開催日は5月10日・11日に決定いたしました!

富士河口湖総合観光情報サイトより引用)

我らが『紲~庵治石の味~』は2日目(5月10日/日曜日)の10:00~、『勝山ふれあいセンター「さくやホール」』にて上映予定です。

なんと上映だけではなくトークイベントもあります。誰が出るのかは・・・お楽しみに!

プレスリリース

【富士河口湖映画祭情報】開催延期となりました【大雪】

富士山・河口湖映画祭

2月22日、23日に山梨県富士河口湖町で開催が予定されていました
富士山・河口湖映画祭
ですが、14日・15日の大雪の影響で延期となったようです。

DAY-2 平成26年2月23日(日)→開催延期(期日未定)
会場:勝山ふれあいセンター「さくやホール」
10:00~11:55 『紲 ~庵治石の味~』上映&トーク
13:00~14:50 『夢見るバク』上映&トーク
15:05~17:10 『富士山頂』上映
17:25~19:35 『武士の家計簿』上映&トーク

詳細はコチラ(富士河口湖総合観光情報サイト)をご覧下さい。

まだ、延期後の開催日などは不明ですが、決定になりましたらご報告させて頂きます。
延期は残念ですが、まずは現地の除雪作業が進み、被害が大きくならないことを願っております。

プレスリリース

【14冠!】IMA最優秀賞を受賞しました

思い出

東京・大阪・髙松での劇場公開、国際映画祭でのW受賞、そしてDVDのリリースと、映画『紲~庵治石の味~』にとって「3年間の集大成」と言うべき、大きな節目の年となった2013年。河口湖映画祭での上映が最後のお知らせになるかと思っていたのですが、大晦日になって大きなニュースがありました!

映画祭で最優秀賞(BEST OF FESTIVAL)を受賞!

IMAロゴ

IMA(International Movie Award)という国際映画祭で、『紲~庵治石の味~』が映画祭全体での最優秀賞を受賞いたしました!

また、最優秀賞だけではなく、主演俳優賞や長編映画部門の作品賞など13部門で最優秀賞(Platinum Award)もしくは優秀賞(Gold Award)を受賞いたしました(参加作品中最多)。

一刻も早くお知らせしたかったのですが、諸々の確認などがありましたので、オフィシャルサイトでの発表は本日となりました。

『製作』に関する賞も

撮影風景

受賞した13の賞には、主演・助演俳優賞などの俳優さん達の演技に対する賞以外にも、撮影賞や音楽監督賞、美術賞など、『映画製作』に関する賞が多く含まれています。この映画が『職人』の世界を描いた作品であり、地元の方の多大な協力の下で作られた作品であることから、今回の受賞は喜びも一入です。
本当にみなさま、ありがとうございました!

受賞一覧!

各部門で受賞した賞は最優秀賞が8つ、優秀賞が5つです。

最優秀賞

BEST OF FESTIVAL
KIZUNA Taste of Aji Stone
directed by Hideaki Kataoka, Japan

最優秀賞(Platinum Award)
主演俳優賞

Best Actor(最優秀主演俳優賞)
佐藤 貴広
作品賞

Best Feature Film (最優秀作品賞)
 
監督賞

Best Director(最優秀監督賞)
片岡 秀明
撮影賞

Best Cinematographer(最優秀撮影賞)
はやし まこと
録音賞

Best Sound(最優秀録音賞)
小牧 修二
音楽監督賞

Best Music Director(最優秀音楽監督賞)
三島 元樹
編集賞

Best Editor(最優秀編集賞)
 
脚本賞

Best Screenplay(最優秀脚本賞)
片岡 秀明
優秀賞(Gold Award)
主演女優賞

Best Actress(優秀主演女優賞)
小野 まりえ
助演俳優賞

Best Supporting Actor(優秀助演俳優賞)
志賀 圭二郎
カップル演技賞

Best Couple Performance(優秀カップル演技賞)
佐藤 貴広、小野 まりえ
美術賞

Best Production Designer(優秀美術賞)
村井 一志
衣装賞

Best Costume Designer(優秀衣装賞)
宮本 知弥

詳細情報は下記をご参照下さい。

      

プレスリリース , ,

【速報】富士山・河口湖映画祭(2014.2.22~23)にて上映決定

富士山・河口湖映画祭

来年(2014年)2月22日、23日に山梨県富士河口湖町で開催される
富士山・河口湖映画祭
にて、映画『紲~庵治石の味~』が上映されることが決定しました。

富士山・河口湖映画祭とは

日本の象徴である「富士山」と最先端の映画映像文化を融合させ、発信していくことを目的とした映画祭が「富士山・河口湖映画祭」です。

毎年、2月23日(フジサンの日)前後に開催されており、チラシにもあるように『映画館のない町の映画祭』という面白いイベントです。

今年で7回目を迎え、映画祭オリジナルの映画の上映もされるそうです(第6作目)。

過去には佐藤さん主演作も製作・上映

河口湖映画祭オリジナル映画の第4作目である『鐘楼のふたり(2012年上映)』の主演は、『紲~庵治石の味~』でも主演を勤めた佐藤貴広さん。

2013年は映画『紲~庵治石の味~』にとって、上映、DVDリリースと大きな節目を迎える年となりましたが、年が明けても紲の世界はこの作品に関わった人達を通じて、広がっていくようですね。

もっと詳しく!

富士山・河口湖映画祭については以下をご参照下さい。

      

Facebookページでは『紲』の製作に携わった方には、3年前の撮影時を思い出してしまうようなタイムラインを見ることが出来ます。

プレスリリース

【11/2】DVDリリースです!

国際映画祭で賞を頂き、東京・大阪・高松で上映された映画『紲~庵治石の味~』。
2013年は3年前から育ててきた作品が満を持して世に放たれた年でした。

そして、本日11月2日!

ついに『紲~庵治石の味~』のDVDがリリースされました。
今年最後の「お待たせしました!」です。

セル&レンタル同時リリース

DVDは特典映像(メイキング)付で、販売とレンタルが同時にリリースされています。
まだ映画をご覧になっていらっしゃらない方は是非お近くのレンタルショップにてまずはレンタルしてみて下さい。

既に映画をご覧頂いた方でご自宅で「もう一度・・・」と思われる方、そしてレンタルしてみてこの映画を好きになった方はamazonにてご購入頂き、いつでも、何度でもお楽しみ下さいませ。

『紲』コーナーも登場!

地元発の映画ということもあり、香川県下のレンタル店の中には特設コーナーを設けて頂けた店舗もあります。

「ひとつ、よろしいですか?」
でお馴染みの某人気ドラマの『劇場版』やウチのプロデューサーと同じ名字の方が原作者となっている『図○館戦争』と同じくらいフィーチャーされている様子を是非ご覧下さいませ。

特設コーナーのあるレンタルショップ

その他のレンタルショップでも!

上記店舗以外でもTSUTAYAさん、GEOさんを初めとして全国の多くのレンタルショップでレンタルすることが可能です。
(在庫の有無や取寄せの可否は各店舗にてお問合せ下さいませ)

DVD特設ページへ

「紲(きずな)~庵治石の味~」のこと

【石あかり×瀬戸芸】玉藻公園に石あかりが登場しました

今年2013年は瀬戸内国際芸術祭の開催年。春・夏と開催され、現在は秋会期中(10月5日~11月4日)です。

石あかりロードin玉藻公園

国の史跡でもある高松城(別名:玉藻城)の城跡である玉藻公園では、堀や石垣、そして庭園美を楽しむ事が出来ます。

さらに秋会期中、高松港・JR高松駅すぐそばにある玉藻公園(たまもこうえん)では、盆栽カフェなど様様なイベントが開催されていますが、その一つに『玉藻公園夜間無料解放』があります。

そしてさらにさらに、この瀬戸芸会期中、公園内の一角に『石あかりロード』が登場しました。毎年牟礼町で開催されている『牟礼源平石あかりロード』とはまた違った趣が楽しめるようになっていますので、是非瀬戸芸で高松にお立ち寄りの際は、夜の散歩コースに加えてくださいませ。

玉藻公園の庭園美

石あかりだけではなく、玉藻公園のライトアップもとてもステキです。高松に住んでいる方でも夜の玉藻公園を訪れたことのある方は少ないと思いますので、是非この機会にどうぞ。オススメです。

庵治石のこと

【今年最後の映画上映】『匠フェスタ2013』に行ってきました

2013年10月13日、6月の東京上映を皮切りに、高松、大阪で上映を重ねてきた『紲~庵治石の味~』の年内最後の上映が行われました。

『匠フェスタ2013』

高松市サンポート地区にあるシンボルタワーにて14日まで開催されている『匠フェスタ2013』のイベントの一つとして上映されました。

まずは『匠フェスタ』のイベントについて写真でご覧下さいませ。

『石あかり』『AjiiCM』・・・

もちろん庵治石も出展しています。2つのアートな石あかり作品『Cyber BigFoot』と『ユグドラシル』が会場のど真ん中に展示され、伝統的な工芸作品が多く並ぶ中、現代的なアート作品として会場に来られた方の目を楽しませていました。
特に子どもさんや女性の方がじっくりと見て下さっていました。

公開年最後の上映終了です

そして、映画『紲~庵治石の味~』の上映です。余り大々的な告知はしていなかったにも関わらず、沢山のかたにご来場・ご鑑賞頂きました。本当にありがとうございました!

玉藻公園の石あかりも見てきました。

匠フェスタの撮影後、近くでやっている『瀬戸内国際芸術祭』連携事業の

玉藻公園夜間無料開放も見てきました。こちらにも石あかりが展示されています。写真も撮ってきていますので、次回の記事でご紹介させて頂きます。

匠フェスタは14日までですが、玉藻公園の石あかりは11月4日までですので、それまでに高松に来られる方は是非秋の夜のひとときを、玉藻公園でお過ごしくださいませ。

「紲(きずな)~庵治石の味~」のこと, 庵治・牟礼のあれやこれ, 庵治石のこと

「匠フェスタ2013」にて『紲~庵治石の味~』上映されます

讃岐の伝統工芸の魅力を発信する「匠フェスタ」が今年も開催されます。

今回は丁度瀬戸内国際芸術祭の秋期会期中ということもあり、国内だけではなく、海外の方も多くいらっしゃいますので、例年以上に賑わいそうです。

パンフレットも4カ国語対応です。

パンフレットも4カ国語対応です。

 

今年も庵治石コーナーあります

そんな匠フェスタに今年も庵治石のブースが出展し、庵治石で作られた石あかりなどが展示されます。

出展予定の石あかり 出展予定の石あかり

映画上映決定!

そして・・・庵治石の展示だけではなく、『紲~庵治石の味~』も上映されることが決定しました!

紲~庵治石の味上映決定

2年前に地元の方を対象に50分バージョンが上映されてから2年。
映画は再編集を経て完成版となり、国際映画祭での受賞という栄誉も預り、おそらく今年最後となるであろう上映を同じ場所で行える事となりました。

「まだ観ていない」「忙しくて見逃してしまった」

という方はもちろんのこと、

イオンシネマ、ホール・ソレイユで一度ご覧になって「もう一度観たい」という方も是非ご来場、ご鑑賞下さいませ。

匠フェスタ2013と映画の上映について

匠フェスタの詳細はコチラサンポート高松 on the Webより。PDFファイルです) をご覧下さい。

会場
高松シンボルタワー デックスガレリア
開催日
  • 10月12日(土)13:00~18:00
  • 10月13日(日)10:00~18:00
  • 10月14日(月)10:00~16:00
映画の上映

『紲~庵治石の味~』の上映は、

10月13日(日)18:30~
開場は18:15です。90名の定員になり次第、受付終了となりますので、ご注意下さいませ。

 

「紲(きずな)~庵治石の味~」のこと, 庵治石のこと

【Cafe de AZiS】庵治石をテーマにしたコンセプトカフェがオープンしました【期間限定】

「Cafe de AZiS」が期間限定OPEN!

「Cafe de AZiS」が期間限定OPEN!

 

2013年8月23日、高松市美術館のカフェが復活しました。
しかも「庵治石」をテーマにしたコンセプトカフェです。

その名も「Cafe de AZiS(カフェ・ド・アジス)」。

高松市の異業種交流事業として、9月16日までの期間限定でオープンします。(奇しくも「石あかりロード」最終日と同じ日ですね)

高松市美術館×庵治石

期間限定とはいえ、庵治・牟礼の人たちがやる以上 「Cafe de AZiS」が単なる喫茶店で終わるような事はあり得ません。

「観る、聴く、触れる、薫る、味わうカフェ」というキャッチコピーそのままにあちらこちらに展示物の数々が設置され、「美術館」の名に恥じることのない空間になっています。

高松市美術館 カフェの様子その1 カフェの様子その2 石あかりもあります
アートな作品 庵治石のステーショナリー お馴染みの石琴も 庵治石を使ったスピーカー
ちゃっかり「紲」のポスターも

「庵治石」に触れながら

また、中央の大きなテーブルには庵治魂や庵治ごまといった、実際に触れることの出来る庵治石もあります。

庵治ごま 目の前に庵治魂(とAjiiCM) 庵治石に触れつつカフェでゆったりと・・・。

牟礼のカフェとお蕎麦屋さんがコラボレート

もちろん、庵治・牟礼の石屋さんのやることですから、期間限定だからといって紙コップでコーヒーを出すような事はありません。

牟礼町にある古道具と珈琲のお店「Remza(レムザ)」さんと、同じく牟礼町のお蕎麦屋さん「六六庵(ろくろくあん)」さんが協力して食事と飲み物にもこだわっています。

Remzaさんのアンティークなテーブル&チェア お蕎麦も美味しい! 蕎麦粉で作ったパンのサンドイッチ 蒸しプリン シナモンレーズンとくるみのケーキ

実際に伺って観て、聴いて、触れて、味わってきましたが、本当に僅か4週間弱で終わってしまうのがもったいないくらいです。
是非お近くにおいでの際は、・・・いえ、この「Cafe de AZiS」を目的にして高松市美術館までお越し下さいませ。

チラシをどうぞ!

以下の画像をクリックするとチラシ(PDFファイル)を閲覧・ダウンロード出来ますので、宜しければ是非ご覧下さいませ。カフェメニューも掲載されています。

Cafe de AZiSチラシ

庵治・牟礼のあれやこれ, 庵治石のこと