スタッフブログ

【映画最新情報】プロデューサーのつぶやきから

「紲(きずな)~庵治石の味~」のこと

【劇場公開用】新しい予告編が公開されました

より『本編が見たくなる』予告編

「もう見ましたか?」新しい予告編、公開

ついについに劇場公開用の予告編が公開されました!

トップページにアクセスするとすぐにポップアップして再生されます。
(自動再生ですので、職場などでコッソリご覧されている方はお気を付け下さいませ!職場に石をハツる音が響き渡りますよ!)

また、サイト上部のナビゲーションにある『予告編』をクリックしても再生されます。秒数は90秒と旧バージョンと同じですが、よりステキな出来映えになり、そしてより高画質でご覧頂けます。
ちなみに、iPadやiPadなどのスマートフォン・タブレットでもご覧頂けます。

もう少し待って下さい!

劇場公開に向けてリニューアル工事中!

そして、新予告編の公開と併せて、トップページと『あらすじ』ページのリニューアルも行っています。

さらにさらに、近日中にキャスト・スタッフページもリニューアル予定です。
他にも映画を楽しみにして下さる皆様を楽しませるものを計画中です。出来たものから随時公開していきます!

全てはこの2週間のために

さぁ!いよいよです!

公開まであと80日弱です!
撮影から劇場公開まで約3年。この間には舞台があり、AjiiCMがあり・・・『紲』はその名の通りたくさんの人と作品を繋げてきました。その過程もきっと『編集』という形でフィルムの行間に詰まっていると思います。

それまでにこの『紲~庵治石の味~』オフィシャルサイトも少しずつ変えていく予定ですので、映画をより楽しむために、『たまに』で結構ですので遊びに来て下さい!

プレスリリース

速報!上映決定!まずは東京から

長らくお待たせ致しました、いよいよ「紲〜庵治石の味〜」が上映されます。

  • 2013年6月15日から28日までの2週間
  • ユーロスペース(東京・渋谷)

(劇場の詳細はこちらをクリックしてください http://www.eurospace.co.jp

あの!ユーロスペースで上映できる、いや、ユーロスペースから上映が始まるという栄誉に浴することに身震いをしています。
皆さまをお待たせして申し訳ありませんでしたが、「ミニシアターの老舗からの上映」ということでお許しください。

上映時刻などの詳細はまた後ほど。

それでは、ユーロスペースで「紲〜庵治石の味〜」をご堪能ください。

<キャスト・スタッフの皆さまへ>
是非、このページの下にある「コメント欄」に激励などのコメントをくださいね!

 

「紲(きずな)~庵治石の味~」のこと

この記事へのコメント

  • early early
    やりました!嘘つきにならずに良かったです!まだまだやるべきことは盛りだくさんですが、皆さんのお力を借りながら成功へと導きたいです。 今年の忘年会ははしゃぐぞー!
    2013-03-22 15:11:06 返信
  • 湯浅文代
    おめでとうございます。いよいよですね。
    2013-04-21 06:31:35 返信

【速報】「たった今収録終了!」なすびさんが再びラジオに出演しますよ!

18:30 画像は随時追加していきます。
18:45 とりあえず1枚写真追加しました。
18:55 写真3枚追加しました。
19:10 最後の写真4枚追加しました。

大阪で舞台を終えたばかりの『東野五郎』なすびさんが、高松に来て下さいました。
次の日にはもう帰らないとならないというタイトなスケジュールの中、やってきたのは・・・

ラジオ番組収録中

RNC放送さん。
何回か出演なさっているラジオ番組の収録です。

なんと滞在時間僅か30分。

挨拶もそこそこに、すぐにスタジオへ。左がパーソナリティの杉ノ内さん

挨拶もそこそこに、すぐにスタジオへ。左がパーソナリティの杉ノ内さん

5分後に・・・

4:30に局についたので、僅か5分後にこの状況。

流石

もう馴染んでる!

打ち合わせもなく、まさにぶっつけ本番で西日本放送ラジオ(RNC)の『杉ノ内由紀のミュージック・さえら』の収録に挑みます。しかも2本分!
パーソナリティの『おすぎさん』こと杉ノ内さんやスタッフの方から「純レギュラー」(『準』ではなく、『純粋のレギュラー』とのことです)と呼ばれるほどに馴染みになってしまったからこそ出来る芸当です!
(スタッフさん曰く、なすびさんが『純』レギュラー化してから、目撃情報が番組に寄せられるようになったとか・・・)

純レギュラー

『純』レギュラーのタグが付けられてました

リラックス

すっかりリラックスモード

収録後の一コマ

収録後、ちょっとだけ雑談。

 

今回収録した内容は、2月17日(日)と3月10日(日)の番組内で放送されるそうです。番組の放送時間は20:30~22:00まで。
このスタッフブログをご覧頂いた皆様には、是非「打ち合わせナシ。撮り直しナシ。編集ナシ」という点も考慮しつつお聞き頂ければと思っています。

記念撮影

最後にお二人一緒に撮らせていただきました。

さらに、本日(2013年2月1日)22:00からNHKで放送されるテレビ番組でもなすびさんの事が取上げられているそうです。こちらも是非!

「紲(きずな)~庵治石の味~」のこと, 映画人 ,

映画『紲~庵治石の味~』劇場公開決定のお知らせ

今年(2013年)の元旦0:00から15日まで、この『紲~庵治石の味』WEBサイトは(少しだけ)お正月バージョンになっていました。

それは、新年をお祝いするのと共に、大きなニュースをお知らせするためでした。

映画館で上映されます!

すでにお正月バージョンは終わってしまいましたので、改めてお知らせいたします。

映画『紲~庵治石の味~』公開決定

いよいよ『紲~庵治石の味~』が映画館で上映されます!

まずは東京から

上映時期は春頃で、東京の映画館で公開されるとのことです。

劇場名や詳しい上映期間などは決定次第、当サイトで必ずお知らせいたしますので、今しばらくお待ち下さいませ。

今年も『紲』の世界をお楽しみに!

2010年から始まった、この『紲』の世界も今年で4年目を迎えます。庵治石の歴史全体から見るとホンの一瞬のことなのかもしれませんが、これまでの3年間でたくさんの『紲』が生まれてきました。2013年はその『紲』がより広ることを願っています。

何年後かに、「あの映画が始まりだった」と言えるように。

どうか今年も『紲~庵治石の味~』をお楽しみ下さいますよう、お願いいたします。

(オマケ)もったいないので・・・

最後に、お正月バージョン用に作ったスライドショーの画像を貼っておこうと思います。

謹賀新年
『しめ縄を締めた庵治魂』です。

お知らせがあります
雪化粧を施された源次郎小屋。

いよいよです!

劇場公開決定

この春、東京上映

「紲(きずな)~庵治石の味~」のこと, プレスリリース

この記事へのコメント

  • ひろか母
    お久しぶりです。皆様お元気ですか? フッと思い出したように、ブログをクリックしたら、、、とても懐かしい気持ちになってしまいました。 2年生だった大翔もこの春で5年生です。 あの時は、たくさんの方が、世間知らずの生意気な大翔の相手をしてくださって、本当に感謝しております。今思うと、大変失礼な発言もたくさんあったかと思います。 私も反省しております。。。でも本人はケロッとして、また行きたいなぁって、、、本当にいい思い出になっているようです。 たくさんの方にお会いできて、とても楽しかったことを思い出します。 皆様お元気そうで、フフッと笑いながらブログ眺めてしまいました。笑 ついに劇場公開するんですね!楽しみにしてます♪ また、お会いできるのを楽しみにしてます。
    2013-02-08 10:51:48 返信
  • 亀田哲司
    ご無沙汰しております。特機部の亀田です。 その節は、大変お世話になりました。 ようやっと、映画の公開が今年から始められそうです。お待たせしました。 東京・高松は必ず今年中に。との計画でただいま準備しております。 少し、時間がかかってしまいましたが、 高学年になった大翔くんに、低学年の自分にちょっぴり気恥づかしくなってもらう。 なんて思い出もさらに持ってもらえたら、ありがたいです。 ・・・・・すみません、言い訳です。 公開予定が、さらに具体的になりましたら 必ず、連絡をさせていただきますので。 これからも、よろしくお願いします。 この先も、「紲」のご縁が深く永くありますように。
    2013-02-11 15:57:55 返信

ローカルな話題ですけど…

香川県在住の方、だけしか、いやさらに「ケーブルTV」に加入されている方だけに有益な情報で恐縮ですが…。

そうです、あの!AjiiCMが香川県(主に高松市で残念ながら西讃は大丈夫だけど、東讃は除外されますが)のケーブルTV局で放映されます!

詳細は「AjiiCM 放映情報」、あるいはトップページの「AjiiCM放映中」をご覧ください。

なすびさんや佐藤君、まりえチャン、テクティさん(花澄さん)と三枝くん、石田くん達が出演してくれている「作品」が地元とはいえ、放送されてより多くの方々に見て頂けるということは嬉しい!の一言です。

ケーブルTVでご覧になられた方は是非こちらにコメントなりTwitterでつぶやいて頂ければ誠に、誠に幸いでございます。宜しくお願いします、ね。

AjiiCM

サントラ担当の三島氏、アルバム配信をスタート!

映画のサントラと担当して頂いた三島 元樹さんが新しいCDをリリースされました!

タイトルは「flower drips」(monoposto records、2012/10/27)です。

1.灰色の子猫
2.ほしぞらのゆりかご
3.月下の舞踏
4.クラゲの憂鬱
5.rain train
6.flower drips
7.小雨降るローデンブルグ

7曲中4曲が映画のサントラで使われています(2、3、4、6)。
それにしても「クラゲの憂鬱」が劇中で使われているなんて…(笑)。

以前、三島さん(ミッシー)とお話しをさせてもらった際に「エリック・サティに影響を受けたの?」と尋ねたら、「同じ事を学生時代の教授に言われました。サティって知らなかったんですよね」とのこと。う~ん、「ホンマモン」かも?!
ちなみに同じ時に「僕も唯一ピアノで弾ける曲があるんですよ。ジョン・ケージの『4分35秒』ですけど」というと、「それ、『4分33秒』ですよ」と訂正してくれました。

このようなミッシーが作曲してくれた曲がどのようなシーンに使われているか、も楽しみですね!
劇場公開までもう少しお待ちください。

<参考URL> ・iTunes Store(10/27リリース)
 https://itunes.apple.com/jp/album/flower-drips/id569195014

・Amazon MP3(10/27リリース)
  http://www.amazon.co.jp/flower-drips/dp/B009O1ZMK4/ref=sr_shvl_album_1?ie=UTF8&qid=1350171223&sr=301-1

「紲(きずな)~庵治石の味~」のこと

【AjiiCM撮影風景(オマケ)】「こんなこともやってました」オフショット写真など

AjiiCM第三弾撮影風景。だらだらと記事を書いてスミマセンでした。
数えたら11もの記事になっていましたね。。。

AjiiCM本編に比べれば、蛇足もいいところですが、蛇足の蛇足でオマケのオフショット写真など。。。

プロデューサー渾身の作。コンテ

謎の飛行物体登場

謎の飛行物体に襲撃される佐藤貴広さん

謎の飛行物体を操る佐藤貴広さん

謎の飛行物体と記念撮影

痛恨の極み。ピントが・・・。花澄さんスミマセン。

爆笑の藤里一郎さんと花澄さん

写真家の血が騒いだのか、花澄さんを撮影する藤里さん

一瞬暑さを忘れさせてくれる爽やかさ

合間合間を見つけては撮影する人たち。。。素晴らしい

2年前を思い出してしまうようなシーン

プロデューサー「佐藤さん、お願いしやす!」・・・もちろん冗談でやってますよ

演技指導中のプロデューサーとそれを見守る藤里さん

ちっちゃい花澄さんのために「オレが台に・・・」とボケるプロデューサー

ちょっとワルい顔をしてる花澄さん。でもカワイイッス。

変身ポーズ。ついにレムジアに『テクティ』が登場か!?

休憩中の花澄さん。

素で(しかも両手で)「どれにしようかな」をやる小野まりえさん

カメラの存在に気付いた瞬間

妙なポーズを取る小野まりえさん

ジャンプ!

メニューを見て、本気選びモードの小野まりえさん

美味しそう!

八栗ケーブルカーに乗った『鈴木翔太』と『田島結維』

石あかりロードに到着!

撮影から約1ヶ月が経とうとしていますが、こうやって写真を並べてみると、改めて『いいチームだなぁ』と思います。
今後は、メンバーエリアにて、これ以外の写真も少しずつアップしていきますので、お楽しみ下さいませ。

もちろん、これで終わりって事はありません。もっとも大きな『お祭り』はこれからです。
これからも『紲』を宜しくお願い致します。

AjiiCM

【AjiiCM撮影風景(8)】ラスト!佐藤貴広さんからの嬉しい言葉

この撮影風景ブログを書いているうちに、どんどんAjiiCMが完成していってますね。
ということで新しく公開された2つの動画をどうぞ。

 

映画『紲~庵治石の味~』主演二人による競作ですね。

さて、うどん屋さん『山』でお腹を満たした後、佐藤貴広さんと撮影班は最後のロケ場所、大丁場へ。

大丁場で待っていたのは・・・

自動車で大丁場まで行くのですが、到着後1,2分は車が巻き起こした砂埃が収まるまで車内で待ちます。
そして砂埃は待てば何とかなるのですが、照りつける太陽の光はいつまで経っても衰えません。諦めて車外へ。

前日、源次郎小屋に行ったときには雲が少し出てて、撮影しなかった高松の街と屋島をバックにしたカット。
この日は良い感じの空模様。

大丁場より、前の山は屋島。広がる町並みは高松

かっこいいなぁ

大丁場で私達を待っていたのは、撮影的にはありがたい、けど人間的にはありがたくない『お日様』でした。

『色々』撮っちゃったみたいですよ

この大丁場では、AjiiCMの決め台詞

「心を叩くと、想いが響く。日本の銘石 庵治石」

のカット『等』を撮影しました。
『等』というと他にも撮ったみたいな書き方ですが・・・撮りました。

でも撮ったものがいつ、どのように使われるのか、今はまだハッキリとは分かりません。

ただ、皆さんに見て頂く機会が出来ることを全てのスタッフが心から願っています。
もし『大丁場で高松の街をバックに喋る佐藤貴広さんの映像』をどこかで見ることがあったら、それはこの時撮ったものです。

大丁場の映像も一緒に撮影

ラストカット!

こんな感じで撮影していました

すぐ後ろは結構な崖だったりします

写真には収まりきれないスケール

大丁場での撮影は結構ハードです

暑いのは暑かったのですが、やっぱり良い映像が撮れた事は良かったですね。

「こんな豪華な場所で撮影できるのがうれしい」

これにてAjiiCM第三弾の撮影は全て終了です。

この三日間ですごく印象に残っていることがいくつかあります。

一つは、ラストの大丁場での撮影を終えた佐藤貴広さんが言っていた言葉。

「こんな豪華な場所で撮影できたのがうれしい」

大丁場とそこから見える高松の景色を『豪華』と評してくれた佐藤さん。

私は石屋さんではありませんが、高松の人間として嬉しかったですし、もし私が石屋さんだったらもっと嬉しかったと思います。

背景の雲が絵みたい。

大丁場より高松の町並みを臨む佐藤貴広さん

肌白いなぁ。

歳々年々人同じからず。どんどんイイ俳優さんになっていっています

そして、さらにその後山を下りる車中での藤里さんの

「良い画が撮れた」

という一言。これは何だか「その一言、頂きました!」という気持ちになりました。

印象に残った言葉

プロデューサーが大丁場で

「もう一度なすさんのも撮り直したいな~」

と言っていたのも、ここで書いておけば何かになるかもしれないと思うので書いておきます。

 

花澄さんの石あかりロードでの繊細な演技や、小野まりえさんのかわいらしさ、そして撮影でお世話になった場所、ちょっと立ち寄ったところなんかでもきちんとそこの方に丁寧にお礼を言う姿・・・いろんなことが印象に残っています。

ありがとうございました

全ての撮影を終え、帰りはスタッフ・俳優さん全員一緒に高松空港へ。

 

最後の最後の食事は・・・やっぱりうどんでした。
最後は時間的に厳しくて、急いで食べてもらうことになってしまいスミマセン。。。

 

結局藤里さんはこの3日間で15玉、という偉大なる目標には後一歩及ばず、13玉という結果に。いや、13玉ってうどん県民でもあり得ないですけどね。

藤里さんは「あそこでもうどんを食べとけば・・・」と悔やんでおられましたが。

空港の香川県紹介ブースにて

さぁ、高松空港で握手をしてお別れです!
寂しいですが、こればっかりは仕方ありませんね。

そしてまたきっと会えると思うので、ホントはそんなに寂しくありません。
でも、ホントのホントはちょっと寂しいかもしれません。そんな感じです。

こうやって少しずつ少しずつ『紲』は深く広く、ですね。

「又来て下さいね」に対して「当たり前じゃないですか~」

佐藤貴広さん、ありがとうございました

藤里さんとがっちり握手。

ハグ。花澄さん、小野まりえさんの目には・・・

AjiiCM只今編集中!

今回撮影したAjiiCM第三弾は合計7本分!
(修正:最初「5本」と言っていましたが、プロデューサーを初めとして東京のスタッフさん達が頑張ってくださり、何と2本増えるそうです。どんな魔法を使ったのか分かりませんが、つまり『7本』ですね!)

既に第三弾のうち、4本が公開されていますので残りはまだ3本もあります!これから出来上がり次第、随時Youtubeにアップして、即座にこのサイトで閲覧できるようにします。

Youtubeで見つけてこのサイトよりも早く、フライングでツィートして頂いても一行に構いません。むしろお願い致します。

「待ちきれない!」という方は、それまでコチラで今までのAjiiCMを復習(?)してみては如何でしょうか。(AjiiCM Hot Gallery

ひとまず『AjiiCM・技篇』を置いておきます。

素敵なAjiiCMが出来上がって、よりたくさんの人との紲を生み出せますように!

長々と撮影風景をお届けしてきましたが、お付き合い頂きありがとうございました。
あ、でも記事の構成上、掲載を見送った写真がまだいくつかあるので、それを『オマケ』として、後日まとめて掲載します!

AjiiCM

【AjiiCM撮影風景(7)】「田島結維です。庵治の石屋の娘です」

プロデューサーが『俺がんばった!』とツィートするほどに情熱を注いだAjiiCM・庵治魂篇がついに公開されました!
その冒頭と最後の部分の撮影風景が、丁度この記事に出てきます。良いタイミング!
是非動画と記事の両方を見て、『撮影の裏側』もお楽しみ下さいませ。

次に向かうは・・・

八栗ケーブルでの撮影を終え、続いては牟礼町にある『cafe DUCE』さんに向かいます。
もちろん、「ちょっと一服」ではなく撮影撮影!

プロデューサーの脳裏に焼き付いていた場所

このDUCEさんは、牟礼町にある『屋島テニスクラブ』さんの中にあります。
DUCE

牟礼町にある『cafe DUCE』さん

店内にはオシャレでゆったりとした空間のカフェスペースがありますが、外にはテニスコートに面したテラスがあり、このテラスでの撮影をお願いしていました。

このテラスは、実は一昨年(2010年)、映画の企画についての打ち合わせをした際に、制作総指揮とプロデューサーが利用させてもらった場所。
その時の印象がプロデューサーに強く残っていて、今回改めてロケハン(下見)。そして正式にAjiiCMのロケ場所として利用させてもらうことになったのです。

DUCEさんのメニューボード

テラスの前には庭。両サイドにはテニスコート

木漏れ日あふれるカフェテラス

この場所でどんな映像が生まれるのでしょうか

綺麗な映像になること間違いなし!

この『cafe DUCE』さんでの撮影も八栗ケーブルさんに引き続き、小野まりえさんの登場です。

小野まりえさん@cafe DUCE

木漏れ日の下で、スイーツを楽しむ『田島結維』。

テニスを楽しむ人の声とカフェで食事を楽しむグループの笑い声。風に揺らめく木々の葉っぱ・・・。
あ、この木はプロデューサーが揺らしてたんですけどね。

これはもう良い映像にならざるを得ないでしょう。

いくつか写真を貼っておきますが、当然ながらCM本編では、このどれよりも美しい小野さん、綺麗な映像をご覧頂けるはずです。

「まりえちゃん、もうちょっとこっち」構図を確認中。

動きを確認中

あ、この角度から見ても既にステキ

メニューも撮影のことを考慮してプロデューサー・カメラマンと相談しながら

「心を叩くと、想いが響く」

本当に素敵なカフェテラスでした

藤里さん、かっこいい。

「田島結維です。石の街庵治町に住んでます」

「このジンジャエールはスゴイ!!!!!」

撮影終了後、オーナーさんからお店で出している自家製ジンジャエールを頂いたのですが、(というか、メニューにあった『自家製ジンジャエール』の文字にみんな惹かれてお願いしたのですが)、このジンジャエールがこのブログでも書いておかねばならないほどにスタッフを衝撃を与えました。

普通のジンジャエールよりも5倍はジンジャエール。

ベタな言い方をすれば、『パンチが効いている』となるのでしょうが、これは是非実際にお試し頂きたい一品です。
冷たいジュースのハズなんですが、飲むと程なくお腹がぽかぽかとしてきます。

オーナーさん曰く

「最初はもっと辛かった」

との事。当然お子様はお飲み頂けません。

撮影終了後。ちょっと休憩。

すんごいジンジャエール

『cafe DUCE』オーナーさん。お邪魔しました。

プロデューサー念願の・・・

DUCEさんでの撮影を終え、ようやくお昼ご飯。

さて何を食べま・・・うどんです。

やっぱりうどんです。

総勢10名のAjiiCMチームは庵治の山の中にある、その名も『山』といううどん屋さんに押しかけます。

実は前日内緒で食べたうどんも、この『山』さんでした。
その際カレー大好きなプロデューサーはカレーうどんを頼んだのですが、『山』のおばちゃんに

「初めてウチのうどんを食べる人は普通のうどんがええよ。カレーうどんは2回目以降」

とやんわり拒否られるという事件(?)がありました。
今日は晴れて2回目の訪問(2日連続)なので、カレーうどんを堪能されていました。良かったデス。

みんなで記念撮影!

この『山』さん、うどんの美味しさもさることながら、ロケーションが面白いのです。

山の上にあるだけあって、瀬戸内海が目の前に広がり、屋外でその景色を見ながらうどんを食べる事も出来ます。
(『DUCE』さんとはまた違った“テラス”ですけどね)

それだけではなく、駐車場ではモトクロスのバイクが走り、廃車になったバスやら、バスケットゴールやら、地元の高校生が描いた壁画やら・・・変わったモノが一杯あります。

うどんでお腹を満たした後、ひとしきりそれらを楽しみ、記念撮影。

ブランコと女優さん(その1)

ブランコと女優さん(その2)

有川さんがブログで出してた写真とは違うバージョンを貼っておきましょう。

記念撮影!

いよいよオーラス!

お腹もいっぱいになって眠たくなる頃ですが、オーラスは大丁場!

再び大丁場へ

猛暑の中の3日連続ロケの最終地点にしては厳しすぎる場所ですが、ここまで来たらやるしかありません。

そしてその後は・・・

寂しいけれど・・・

しょうがないけどみんな東京さ帰(けえ)っちまうのです。。。

AjiiCM