音の作業

現在、MA作業(主に音関係)を麻布にあるMAスタジオで缶詰になって行っております。映画で一番大切なのは「音」。基本二次元である映画が「空間」を生み出している「源」なので超大事です。

これ、手を抜くと、今までの苦労はぜーんぶ水の泡。

で、このMAがまた、、、

「精神地獄」

MAを担当してくれた佐藤さんは、この日、午前9時から夜中の12時までぶっ続けで作業w

そして、サントラ担当のミッシー(三島氏)の音へのこだわりっぷりったら、半端なかったです!ミッシーの知り合いの方にギターサウンドの収録などもお願いしてw たぶん、鬼ってたと思います。いや間違いなく鬼。

「鬼拘りの集積」で良いものが出来る、という事で。

チャラPは、折角の休日を潰してずっと付き添ってくれました。

全員、変なため息をついたり、鼻歌歌ったり♩

そして眠らない街、東京。夜9時wになすび氏が陣中見舞い(件打ち合わせ)にプリンを持って来てくれました。その後別の打ち合わせへ。お疲れ様です。

MA二日目は平日。21:00、佐藤さんと僕が作業していると、一日仕事をしてMA室にやって来た有P。サンドイッチとおにぎりを買って来てくれた有P。

3時間立ち会って、午前12:00にまた会社に戻って朝まで仕事してました。MA室を去る時傘を杖のようにして「よいしょ(笑)」と立ち上がる彼は、人生を駆け抜けた「おじいさん」みたいでした。

老けるのは、まだ早えーぞぉ!

「本当の戦い」は、これからだ!

監督。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「紲(きずな)~庵治石の味~」のことこの記事のURL

『音の作業』 への1件のコメント

  1. kopel

    今回,改めて映画作りの大変さが,(外から見ているだけですが)分かりました。普段は見ることの出来ないものが,こうして少しでも伝わってくるのはうれしい事です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。